Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

KIDSASHI:きざし

Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

#
執筆者:林 和弘(上席研究官)
研究論文は通常、学術ジャーナルの発行をもって公開となりますが、査読前の論文を予めプレプリントサーバーと呼ばれるサーバーに登録してオープンに共有し、追って出版者から論文を出版する習慣が、幅広い分野で検討され始めまています。
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
株式会社四国総合研究所(高松市)は、近赤外光を1秒程度照射するだけで青果物の鮮度を長く保つ新しい技術を開発しました。多くの青果物は収穫後も水蒸気を出す蒸散を続けますが、近赤外光をごく短時間照射することで、この水分消失を低減でき、しおれや傷み、カビ、腐敗を抑えることができます。この技術の利用によって、野菜や果物の商品価値を高め、海外への輸出も促進されることが期待されます。
#
執筆者:管理者
2017年3月は「セキュリティ」、「ソフトウェア」「アプリケーション」といった情報・電気系のキーワードが大きく伸びた月だったようです. 強いて言えば「ソフトウェア」や「アプリケーション」といってもハードに近い「組み込み系」に関するものが多く,IoT関連,B2Bを主体としたものが多かったようです.