Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

KIDSASHI:きざし

Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

#
執筆者:矢野 幸子(特別研究員)
冬眠現象は低代謝と関係していることが分かってきました。冬眠の研究にマウスが貢献します。広く扱われるモデル生物を用いて冬眠のメカニズムの解明が進み、人間や人間の組織・臓器を安全に低代謝状態へ誘導できるようになると、再生組織・臓器の長期ストックや重症患者の搬送など、次世代型の低代謝医療の実現が期待できます。
#
執筆者:矢野 幸子(特別研究員)
冬眠といえばリスやクマが有名ですが、実は冬眠現象は低代謝と深く関与しており、組織や臓器の低温保存、麻酔や救急医療など広い研究分野と関係しています。そのため、現在、日本生理学会を中心に様々な学会で成果が発表されています。最近、若手冬眠研究者により研究会が、結成されました。冬眠や休眠を研究する研究者が集合することにより、研究の飛躍が期待されます。
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
盗聴者がいると必ず検知できる究極に安全な通信技術として量子暗号通信の実現に向けた研究開発が活発化しています。横浜国立大学とドイツの共同研究グループは、ダイヤモンドを利用した量子テレポーテーションの実証に成功したと発表しました。量子テレポーテーションは量子中継を可能とし、世界規模で安全な量子情報通信ネットワークを実現する技術として期待されています。
#
執筆者:管理者
2017年5月は「概念」の他,「阻害」「増殖」「植物」といったワードが大きく,前月に続いて生物・化学系のキーワードが大きく伸びた月だったようです. 今月はその他,人文社会系についても調査を行いました.
#
執筆者:中島 潤(特別研究員)
近年、自動運転自動車の実現・普及に向けた動きが加速していますが、”空飛ぶクルマ”の事業構想についても発表が相次いでいます。技術的なイノベーションや社会基盤整備など、”空飛ぶクルマ”の実現に向けていまだ多くの克服すべき課題が残されていますが、各事業者「新たなモビリティサービスを提供する」ことを目標に、事業化に向けた動きを見せています。