Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

KIDSASHI:きざし

Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

#
執筆者:横尾 淑子(上席研究官)
近年画像分析技術が大きく進展し、高速化・高精度化が進んでいます。これによりソーシャルメディア上の大量画像がデータとしての価値を高め、人の行動や嗜好の分析などに用いられるようになりました。ただし、データの偏りや倫理的側面についての考慮が求められます。
#
執筆者:林 和弘(上席研究官)
生物学の実験は多数のロボットが働く実験所にお任せして、再現性の高い研究を効率よく行える日が来るかもしれません。
#
執筆者:中島 潤(特別研究員)
化学物質の検出など様々な化学操作を小さなチップ上で複数同時に行って化学分析ができるマイクロ流体デバイスを、“紙製”にする研究開発が進んでいます。紙製の特徴である安価で扱いが簡便な分析デバイスの供給や、分析対象や分析手法の拡大などに伴い、医療や環境調査など様々なシーンでの活用が期待されています。
#
執筆者:管理者
2017年9月は学会シーズンであったこともあり,「表彰」「授与」といったキーワードが大きく伸びた月だったようです.