Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

KIDSASHI:きざし

Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
2019年6月13日、欧州委員会は「100 Radical Innovation Breakthroughs for the future」を公表しました。将来に向けグローバルな価値創造に大きな影響を及ぼし、社会的ニーズに重要な解決策を示す可能性のある、100のラジカル・イノベーション・ブレークスルーを提示しています。
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
化学薬品や創薬・新材料開発の劇的な高速化・高効率化を目指し、量子コンピュータ開発と量子化学計算への適用が産業界を中心に活発化しています。実用化への最大の課題である量子状態の持続(コヒーレンス)時間を伸ばすためには、材料の結晶性の向上など、高度な材料・プロセス技術の研究開発が必要となっています。
#
執筆者:白川 展之(主任研究官)
AI・ロボットにより人間が仕事を失うなどといった議論が社会で活発な中で、AI・ロボットへの過剰な期待から現実に立ち戻る兆しがある。AI・ロボットの業務への導入でギネスブックにも登録された長崎県佐世保市の「変なホテル」では、再び人間に機械から仕事を戻したという。
#
執筆者:管理者
乱数は統計や情報技術の中でも基礎的で重要な一方,計算機上で周期性などのパタンを有しない「よい乱数」を作成することは困難な課題のひとつとされています.この「乱数」としての良さを評価する乱数検定に新しい手法が提案されました.暗号通信を初めとする多数の分野での活用が期待されます.
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
国際標準化機構(ISO)では、データ品質規格の中核と位置づけられるISO8000(Data Quality)の新規パート開発と適用が活発化しています。既に国内外で普及するISO9000 では、ビジネスプロセスに関する品質・マネジメントを対象とするのに対し、ISO8000 は、そこで扱われる様々な「データの質」を対象としており、組織間・システム間で情報交換する際のデータ品質要件や評価方法・プロセスを定める規格です。今後、ビッグデータの利活用拡大やIoT(モノのインターネット)・AI(人工知能)の普及によって、「データの質」の重要性が高まることが予想されるため、ISO8000 は、工業分野に留まらず、サービスや医療分野、さらには行政や公共機関が公開する各種データベースにも関わる可能性があります。
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
早稲田大学先端生命医科学センターの研究グループは、高分子膜をナノオーダーに極薄く形成すると下地との密着性が増大することを見出し、粘着剤を使わずに生体組織表面を覆うことができる高分子ナノシートを開発しました。生体に適合し強い密着性を示すナノシートは、細胞・感受性色素・導電性インクなど様々なものを搭載するプラットフォームとしての高い拡張性をもっています。今後ウェアラブルデバイス、さらにはインプランタブルデバイスへの応用展開が期待されます。
#
執筆者:横尾 淑子(上席研究官)
近年画像分析技術が大きく進展し、高速化・高精度化が進んでいます。これによりソーシャルメディア上の大量画像がデータとしての価値を高め、人の行動や嗜好の分析などに用いられるようになりました。ただし、データの偏りや倫理的側面についての考慮が求められます。
#
執筆者:林 和弘(上席研究官)
生物学の実験は多数のロボットが働く実験所にお任せして、再現性の高い研究を効率よく行える日が来るかもしれません。
#
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)
超小型人工衛星の開発・利用が世界で活発化しています。しかしながら、小型軽量が求められる超小型衛星に推進機(エンジン)を搭載した例はほとんどないのが現状です。2017年3月、横浜国立大学と京都大学の研究グループは、電気推進の新技術であるエレクトロスプレースラスタを開発しました。推進剤として重いボンベを不要とするイオン液体を用い、マイクロチップ化したイオン源をスラスタに適用することで、小型軽量化の原理実証に成功しました。推進機を搭載できれば衛星自身が軌道を任意に選択でき、ビジネスや宇宙利用の幅が大きく広がり、さらに宇宙デブリの低減にも貢献できます。
#
執筆者:林 和弘(上席研究官)
従来の研究助成団体は、助成対象の研究について報告書の提出は義務づけていますが、多くの研究者は別途論文を執筆して学術ジャーナルに投稿し、その成果をもって次の研究費ないしは昇進につなげています。研究者コミュニティごとに長く受け入れられている学術ジャーナルが存在し、その論文が主張する研究の内容は、査読(ピアレビュー)によってその質が担保されており、一定の質が保証された論文発表が研究を発展させる最も重要な手順であると認識されています。この学術ジャーナルを利用した研究成果公開の仕組みに、非営利研究助成団体が一石を投じています。