Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

KIDSASHI:きざし

Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation

#
執筆者:管理者
2018年1月は「酵素」、「生成」といったキーワードが大きく伸びた月だったようです.
#
執筆者:管理者
2017年12月は「医師」、「運動」といった医療系のキーワードの他,「審査」「獲得」「資金」など,研究関連キーワードが大きく伸びた月だったようです.
#
執筆者:管理者
2017年11月は10月と比べて特に大きな変化は認められませんでした.
#
執筆者:管理者
2017年10月は「臨床」、「病気」「増殖」といった生物・医療系のキーワードが大きく伸びた月だったようです.
#
執筆者:管理者
2017年9月は学会シーズンであったこともあり,「表彰」「授与」といったキーワードが大きく伸びた月だったようです.
#
執筆者:管理者
2017年8月は「神経細胞」や「複合体」,「電荷」といったワードが大きく,前月に続いて生物・化学系のキーワードが大きく伸びた月だったようです.
#
執筆者:浦島 邦子(上席研究官)
今世紀後半に人為的な温室効果ガスの排出をゼロにするためには、化石燃料依存から脱却をすることが必要です。そのための経済からのアプローチとして、世界の金融機関で再生可能エネルギー事業への投資、グリーンボンドや環境プロジェクトへの融資など、環境に資する資金提提供、“グリーンファイナンス”を進めています。
#
執筆者:管理者
2017年5月は「概念」の他,「阻害」「増殖」「植物」といったワードが大きく,前月に続いて生物・化学系のキーワードが大きく伸びた月だったようです. 今月はその他,人文社会系についても調査を行いました.
#
執筆者:管理者
2017年4月は「業績」や「微細」といったワードが大きく、その他「予防」「神経」「免疫」といった生物・化学系のキーワードが大きく伸びた月だったようです. 「業績」については,3月に開催された各種学会での受賞に関連したリリースによるものです. 「微細」については,物性・材料関係のリリースに関連しています.
#
執筆者:管理者
2017年3月は「セキュリティ」、「ソフトウェア」「アプリケーション」といった情報・電気系のキーワードが大きく伸びた月だったようです. 強いて言えば「ソフトウェア」や「アプリケーション」といってもハードに近い「組み込み系」に関するものが多く,IoT関連,B2Bを主体としたものが多かったようです.